EDの対策・治療

バイアグラは他の薬と併用可能?併用絶対禁止の薬とは?

バイアグラは他の薬と併用できるの?

オトコノスマ診 EDセルフチェック

みなさん、薬を服用するとき他の薬との併用について気にしていますか?

市販の風邪薬には併用についての注意書きがほとんどあります。
それはもちろん特定の薬や成分との併用に危険が潜んでいるからです。これは市販の風邪薬だけに限ったことではありません。
バイアグラにもこの併用に関する危険はあります。

ニトログリセリン

バイアグラに関する併用の危険は1つの薬を除けばほとんど問題がありません。
その1つとはニトログリセリン系の薬です。

では、なぜバイアグラと二トログリセリン系の薬の併用はダメなのでしょうか?

様々な薬

ニトログリセリンは狭心症や心筋梗塞の薬です。
その効果はバイアグラと同じで、血管を拡張して血流を促すものです。
そのため、バイアグラとニトログリセリンを併用してしまうと、薬の効果が二重で効いてしまい、血圧を下げすぎてしまうのです。
そして、あまりに血圧が降下してまうと生命に危険が及んでしまいます。
実際、この理由をもとに日本で死亡事故は起こってしまっています。

正確には、狭心症の薬である二トログリセリンなどの硝酸剤、重度の不整脈の薬のアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩錠とED治療薬の併用は絶対に避けないといけません。
硝酸剤が使われている薬は飲み薬だけに限らず、貼り薬も避けるべき対象となります。
そのほか、吸入薬や注射、塗り薬やスプレーなどにも硝酸剤が含まれているものは注意が必要です。
けれども、これらの薬と併用さえしなければ、ED治療薬によって死ぬような危険はないのです。

併用による効果の相殺

考える医師

併用は死に至る危険ばかり目がいきがちであるが、併用する薬の効果によってはバイアグラ等のED治療薬の効果を打ち消してしまうことがあります。

たとえば、うつ病治療薬であるスルピリド(商品名:ドグマチール)には、性欲が落ちたり、勃起力が低下したりといった作用があります。
これでは、バイアグラを使用したとしても、効果が相殺されてしまって効きにくくなります。
また、高血圧の薬にも勃起力を低下させる作用があるので、併用するとED治療薬の効果は表れにくいことがあります。

ED治療薬は「器質性ED」に対する薬であり、「心因性のED」に作用するものではありません。
そのため薬の併用ではなくとも、過度に緊張しているときなどは効果が出にくくなることはあります。

バイアグラなどのED治療薬は血管を拡張する薬です。
ですので、効果があるのはペニスだけではありません。
服用方法を誤ると、急激に血圧が下がり、狭心症の症状が起こることがあります。
また、一度に大量に服用すれば、心臓やそのほか内臓に深刻なダメージを与える危険もあります。
最悪の場合、命を落とすこともあります。

ED治療薬は単独で服用する限りは死ぬようなことはないですが、ニトログリセリン系の薬との併用や大量に服用するなどすれば死に至ることもあります。
必ず正しい服用方法で使用するようにして下さい。

関連記事

  1. 効果あり!手軽にできるED改善マッサージ

    効果あり!手軽にできるED改善マッサージ

  2. ED(勃起不全)の対策・改善に役立つ運動やトレーニングは?

  3. 新婚でED(勃起不全)に!?セックスレスは離婚の危険に

  4. 食生活からEDを改善!!血液循環に優しい食事

    食生活からEDを改善!!血液循環に優しい食事

  5. 衝撃!ED(勃起不全)治療薬の個人輸入やネット通販は40%が偽物!

  6. 腎臓病がEDの原因に…!?

    腎臓病がEDの原因に…!?

  7. シアリスはどのくらいの時間で持続するの?効果的な飲み方や正しい使用方法は?

  8. ED治療薬にも副作用ってあるの?

    ED治療薬にも副作用ってあるの?

  9. ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?

    ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?

PICK UP!

  1. ED(勃起不全)治療、病院ではどんな方法で診察する?
  2. ED治療薬バイアグラとは? ED治療薬バイアグラとは?
  3. 朝立ちする?しない?ED(勃起不全)との関係は?

ED治療特集

  1. 効果あり!手軽にできるED改善マッサージ
  2. しっかり行おう!ED予防!!
  3. 生活習慣病患者はEDになりやすい!?
  4. ED治療薬にも副作用ってあるの?
PAGE TOP