EDの対策・治療

バイアグラのメリットとデメリットを知りたい

バイアグラは、1998年にアメリカで販売され大きなブームとなった薬です。
当時は「夢の薬」、「画期的新薬」と呼ばれていました。
日本では、個人輸入に頼る人があまりに増えてしまったため、厚生労働省が早々に翌年に承認して発売を開始しました。

バイアグラはそれ以降、EDという単語とともに一般的に普及することになります。
ED治療薬は他にも数多くありますが、知名度という点では抜群であり、多くの事例があって確かな効果は数多くの人に知られるところとなっています。

バイアグラのメリットは、このように実例が多いという点で安心感があることでしょう。
EDクリニックでも多くの取扱事例があるので、確かな処方が期待できます。

多くのジェネリック医薬品がある

新薬には特許が与えられ、一定の期間は他の製薬会社が同様の薬を製造・販売してはならないことになっています。新薬の開発には膨大な時間と費用がかかるので、一定期間は特許によって製造を制限して、製薬会社を保護する必要があります。バイアグラはすでに開発されてから年月が経っているため、特許は有効期間を過ぎています。そのため、多くのジェネリック医薬品が登場しており、安く入手することが可能になっています。

ジェネリック医薬品は、元の薬と全く成分が同じですが、開発費用がかかっていないため、価格を安くできるのです。バイアグラと全く同じ成分を使ったジェネリックはED治療院でも処方されていますし、個人輸入で入手すると格安で購入可能です。

 

デメリットもある

バイアグラは血管を拡張する作用を持つ薬ですので、それによる副作用もあります。代表的なのは頭痛です。頭の周辺の血管が広がって神経を圧迫することによって発生します。また、血管拡張機能があるため心臓病などの薬との併用が禁忌となっています。脳血管の障害や高血圧症の人もバイアグラの使用は制限されます。この点はデメリットと言えるかもしれません。

食事による影響が大きいのも使いにくい点でしょう。性行為の1時間程度前に空腹状態で服用しないと、充分な効果が期待できません。飲むタイミングが制限されるのはデメリットでしょう。

また、人によっては亀頭の感覚を鈍らせることがあるのが報告されています。バイアグラによって活発化した血流が亀頭の周りにある性感細胞をうっ血させて、感覚を鈍化させることがあります。性感が鈍ってしまうので射精までに時間がかかることがあり、人によってはデメリットになります。

 

関連記事

  1. ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?

    ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?

  2. 知っているようで知らない勃起の仕組み

    知っているようで知らない勃起の仕組み

  3. 患者の4〜9割がEDに!?糖尿病とEDの関係

    患者の4〜9割がEDに!?糖尿病とEDの関係

  4. 悩みすぎないで!セックスレスの解決策

    悩みすぎないで!セックスレスの解決策

  5. 心臓病とEDの関係

    心臓病とEDの関係

  6. 寝不足でEDに!?睡眠とEDの関係

    寝不足でEDに!?睡眠とEDの関係

  7. ED(勃起不全)を改善する方法は?対策はある?

  8. シアリスを処方してもらうと価格はいくら?

  9. バイアグラの効果的な飲み方や使用方法は?持続時間はどのくらい?

PICK UP!

  1. 腎臓病がEDの原因に…!? 腎臓病がEDの原因に…!?
  2. シアリスを処方してもらうと価格はいくら?
  3. 知っているようで知らない勃起の仕組み 知っているようで知らない勃起の仕組み

ED治療特集

  1. 偽物が出回っているってホント!?EDの治療薬
  2. しっかり行おう!ED予防!!
  3. ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?
  4. 中高年に多い「器質性ED」とは
  5. バイアグラは他の薬と併用できるの?
PAGE TOP