EDの対策・治療

バイアグラの成分と効果は?安全性や副作用も知りたい

バイアグラは、最初は狭心症の薬として開発されていました。
その後の臨床試験でペニスの勃起力を高める効果が認められ、勃起不全を適応症として販売されています。

主成分はシルデナフィルで、これにはPDE5という酵素の作用を阻害する働きがあります。

PDE5阻害薬とは?

ペニスの勃起は海綿体に血液が集まることで起きます。血流は環状グアノシン一リン酸が重要な働きを担っています。環状グアノシン一リン酸はペニスを刺激することによって形成され、ペニスの筋肉を弛緩させる効果があります。筋肉が弛緩することで血液が流れ込みやすくなり、結果的にペニスが勃起するという仕組みになっています。この環状グアノシン一リン酸は、PDE5という酵素によって分解され、作用が失われます。PDE5は勃起不全の主要因です。シルデナフィルがPDE5の働きを阻害することで、環状グアノシン一リン酸は本来の作用を発揮できるようになります。

安全で効果的な使用を

 

バイアグラの安全性は数多くの臨床実験から実証されています。日本では、厚生労働省の認可を受ける前に個人輸入でバイアグラを購入した人が、急激な血圧低下によって死亡する事例が発生して話題になったことがあります。原因はバイアグラそのものではなく、元々心臓に疾患を抱えた人が血流改善薬であるバイアグラを服用したための事故です。事件によってバイアグラの安全性に疑問を呈する人もいましたが、現在は適切な医師の指導を受けていれば安心して使えます。

注意したいのは特定の薬との併用ができないことです。心臓疾患のある人に処方されるニトログリセリンなどの硝酸剤は代表的です。その他、高血圧症の治療薬や塩酸アミオダロン製剤との併用は禁忌ですので注意しましょう。

副作用は?

バイアグラは、陰茎周辺の筋肉を弛緩させて血流を良くする薬ですが、血流は陰茎周辺だけでなく全身に及びます。そのため、血流に関連する副作用が出る場合があります。たとえば、脳周辺の血管が拡張されて神経を圧迫することにより、頭痛が発生することがあります。また、顔がほてることや、目が充血することもありますが、これも血流が活発になったことによる副作用です。

この副作用には個人差がありますが、飲酒による頭痛や目の充血といった程度のものですので、重大なことに至ることはまれです。服用した人のほとんどが、目の充血や顔のほてりを覚えると答えていますので、あまり心配しなくても良いでしょう。血圧が低下してめまいを感じるなどの重大な症状が出たら、使用を中止して医師の診断をあおぎましょう。

関連記事

  1. 衝撃!ED(勃起不全)治療薬の個人輸入やネット通販は40%が偽物!

  2. 子供が欲しいのに夫がED(勃起不全)に。どうしたらいい?

  3. あなたのED(勃起不全)は高血圧の症状かもしれない?

  4. 中折れの原因は加齢だけ!?本当の理由を徹底調査

  5. バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?

    バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?

  6. 妊活中に夫がED(勃起不全)に…どうしたらいい

  7. ED(勃起不全)を改善する方法は?対策はある?

  8. 若者に多い緊張型EDとは!?

  9. 彼氏がED(勃起不全)になった時のセックスレス解消法

PICK UP!

  1. 若者に多い緊張型EDとは!?
  2. 彼氏がED(勃起不全)になった時のセックスレス解消法
  3. ED治療は恥ずかしいことなのか!? ED治療は恥ずかしいことなのか!?

ED治療特集

  1. 心臓病とEDの関係
  2. ED治療は恥ずかしいことなのか!?
  3. うつ病はEDにも影響する!?
  4. 寝不足でEDに!?睡眠とEDの関係
  5. 実際どのくらいかかるの?EDの治療費
  6. 「夫がED!?」女性側ができること
  7. ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?
PAGE TOP