EDの対策・治療

糖尿病が原因でED(勃起不全)に?

オトコノスマ診 EDセルフチェック

糖尿病とEDの関係

糖尿病は、血中の糖分の濃度が高い状態が継続する病気です。
かかった当初の自覚症状が乏しいため軽く考えられがちな傾向がありますが、長い時間をかけて身体に様々な悪影響を及ぼします。
一度発症すると完治することが困難な病気で、放置していると様々な種類の合併症を引き起こします。
最悪では失明するリスクがあり、また透析治療が必要になるケースも多くあります。

糖尿病の合併症としては、網膜症や腎症などが挙げられますが、神経障害は最も高い頻度で発生します。
糖尿病患者には自律神経失調症にかかる人が非常に多くいます。
自律神経失調症は全身に影響があり、泌尿器や生殖器にも悪影響があります。
糖尿病からED(勃起不全)や射精障害などの性機能障害が起こることも良くあり、糖尿病を原因とするEDを糖尿病性EDと呼んでいます。

なぜEDに?

糖尿病で高血糖の状態が継続すると、神経線維が摩耗して密度が低下します。
これによって神経の内部が低酸素状態となり、ペニスの近くが鈍くなったり、海綿体周辺の神経が障害を受けるため、ED(勃起不全)の症状が出ます。
研究によると、糖尿病性ED患者のペニスの知覚を調査したところ、糖尿病ではない人よりも振動に対する知覚が劣るという結果が出ています。

また、超音波によって糖尿病性EDの患者のペニスの内部を調べると、動脈が閉塞されていることもあると報告されています。
EDの原因は主に血流ですので、ペニス周辺の血流の悪化は勃起不全に直接的な影響があると見られます。

糖尿病性EDの治療

糖尿病性EDは、血糖値の管理の指標であるヘモグロビンの数値や動脈硬化の進行具合から判断できます。
糖尿病とEDの合併率は高いですが、すべての糖尿病患者がEDになるとは限りません。
男性糖尿病患者の3割から6割程度がEDになると言われており、正常な人の2倍から3倍程度の頻度でEDを発症します。

糖尿病を原因とするEDでも、バイアグラやシアリスなどのED治療薬は高い確率で効果を発揮します。
糖尿病そのものの完治は困難ですが、糖尿病性EDは治療によって改善する見込みが充分にあります。
単なる性欲の低下と判断したり、諦めたりせずにED専門クリニックを受診しましょう。

放置していると症状は悪化しますし、生活の質も激しく低下します。
ED患者の多くが「恥ずかしい」とか「諦めた」などの理由から治療を受けていません。
糖尿病の担当医やED専門の医師に相談してみましょう。

関連記事

  1. 子供が欲しいのに夫がED(勃起不全)に。どうしたらいい?

  2. 薬を持つ医師

    レビトラのメリットとデメリットとは?

  3. EDの主な3つの原因とタイプ

    EDの主な3つの原因とタイプ

  4. シアリスを処方してもらうと価格はいくら?

  5. ストレスはED(勃起不全)の大きな原因

  6. 「夫がED!?」女性側ができること

    「夫がED!?」女性側ができること

  7. シアリスに含まれる成分と効果は?安全性や副作用も気になる

  8. ED(勃起不全)はうつの症状?うつ病との関係は?

  9. ED(勃起不全)の改善・対策に効くサプリは?

PICK UP!

  1. ED(勃起不全)はうつの症状?うつ病との関係は?
  2. バイアグラの効果的な飲み方や使用方法は?持続時間はどのくらい?
  3. シアリスのメリットとデメリットは?

ED治療特集

  1. しっかり行おう!ED予防!!
  2. バイアグラは他の薬と併用できるの?
  3. EDとは?抑えておくべきEDの知識
PAGE TOP