EDの対策・治療

その症状もED(勃起不全)です!意外な原因とは?

セックスの際に、最後まで行けなかった。パートナーを満足させられなかった。そんな経験を持つ人は意外と多いものです。

それが、勃起が満足いくものでなかったことに起因しているのなら、それはED(勃起不全)の症状なのかもしれません。一体なぜそんなことが起こるのか?原因は何なのでしょうか?

意外と多い?ED(勃起不全)の症状とは?

「どのような状態になっても、勃起までには至らない」この様な症状ならば、自身もED(勃起不全)であるという自覚があることでしょう。

しかし…「性欲はあるのだが、勃起に至らない」「勃起するのだが、十分に固くない」「勃起はしても、行為の途中で萎えてしまう(中折れ)」こういった症状の場合、多くの人が「疲れているから」「寝不足だから」などと理由をつけて、「自分はED(勃起不全)ではない」と納得してしまいがちですが、実はこのような症状も、ED(勃起不全)です。

勃起はするのだけれども、満足な状態ではない、途中で終わってしまう、などの症状もED(勃起不全)と言えるのです。

2人に1人がED(勃起不全)!?メカニズムから見るその原因とは?

とあるデータでは、男性の2人に1人がセックスの最中に中折れした経験があると言います。最近では、20代から30代の人にもそのような症状が増えているのだとか。

勃起は、性欲を感じ、その信号が陰茎に伝達され、陰茎動脈から血液が海綿体に送り込まれることにより起こります。

つまり、その3つのプロセスのうち、どこかに障害があることがED(勃起不全)の原因だと言えます。

「性欲を感じない」「性欲の信号が上手く陰茎に伝達されない」このプロセスに原因がある場合は心因性のED(勃起不全)と言えます。仕事のストレスや、セックスに対するプレッシャー、緊張、そういった事が原因で、勃起のシグナルが伝達できなくなり、ED(勃起不全)が起こるのです。

「陰茎動脈から海綿体に血液が送られない」これは器質性のED(勃起不全)と言えます。動脈硬化や高血圧、糖尿病など生活習慣病で、陰茎動脈が上手く機能しない。運動不足で血流が不足している。その様なことが原因だと考えられます。

いずれの原因も、年齢に関係なく起こるものです。年を取ることがED(勃起不全)の原因ではなく、若くとも十分その症状を引き起こす可能性があるのです。

勃起薬などで自信を取り戻せば心因性の原因を取り除ける場合もありますし、根本的な生活習慣病の治療が必要な場合もあります。早めにその原因を突き止めて、治療を始めましょう。

関連記事

  1. ED(勃起不全)を改善する方法は?対策はある?

  2. 勃たないのは何歳から?EDと年齢の関係

  3. 飲酒はED(勃起不全)の原因としてどの程度影響があるのか?

  4. うつ病はEDにも影響する!?

    うつ病はEDにも影響する!?

  5. ED(勃起不全)の対策や改善に栄養ドリンクは効くのか?

  6. 衝撃!ED(勃起不全)治療薬の個人輸入やネット通販は40%が偽物!

  7. ED(勃起不全)の治療薬の成分を比較してみた

  8. 心臓病とEDの関係

    心臓病とEDの関係

  9. バイアグラを半分に割るという飲み方はあり?効果は?

PICK UP!

  1. レビトラを処方してもらったときの価格はいくら?
  2. 食生活からEDを改善!!血液循環に優しい食事 食生活からEDを改善!!血液循環に優しい食事
  3. ED治療薬バイアグラとは? ED治療薬バイアグラとは?

ED治療特集

  1. 安い?偽物が多い?ネット通販でED治療薬を購入することのメリット・デメリット
  2. 20代でEDに悩むあなたへ!若年性EDの原因と改善策
  3. 薬を持つ医師
  4. バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?
  5. ED治療は恥ずかしいことなのか!?
  6. EDは自然に治るのか!?EDと自然治癒
  7. 生活習慣病患者はEDになりやすい!?
PAGE TOP