EDの対策・治療

ストレスはED(勃起不全)の大きな原因

現代はストレス社会と言われており、多くの心因性の病気の原因となっています。

ED(勃起不全)は身体的な原因からかかる人も多くいますが、実際には精神的な問題からEDになる人が非常に多いことが報告されています。

ストレスはEDの主要原因のひとつ

ED専門クリニックが調査したところによると、EDの要因としてストレスを挙げた患者は全体の77%にものぼったという結果が出ています。

最もストレスを感じるものとして、会社と仕事が挙げられており、自分への自信のなさも多く挙げられています。精神的要因によるEDと思うと答えた人は非常に多く、次いで加齢、睡眠不足を答える人が多いという結果が出ています。

また、自分がEDであることについては、80%以上の人が「つらい」と答えています。近年では中高年だけでなく、若年層にもEDにかかる人が多く、男としての自信を喪失して悩んでいる若い男性が数多く存在すると、このクリニックでは警鐘を鳴らしています。

EDによる人間関係の危機

クリニックの調査では、勃起できず性交に失敗した経験のある男性は、調査対象者の80%を超えるという結果が出ています。性交の失敗が「よくある」と答えた人は約17%、「ある」は約30%、「何回かある」は約32%という結果が出ています。かなり高い割合で男性は何らかのED体験をしていると考えられます。失敗した結果、パートナーの女性との関係が疎遠になったり、別れてしまったりしたと答えた人が多く、自信を失ったという回答が多く寄せられています。

ストレスの原因

EDを引き起こすストレスには、多くの原因が挙げられます。現代に生きている以上、ある程度は容認せざるを得ませんが、深刻な事態に陥っている人も多いです。ストレスは、たとえば過労や仕事での過剰な緊張状態が続くことで発生します。日常的に焦りを感じたり、心配事が多かったりしてもストレスが発生します。

睡眠不足もストレスの要因となります。家庭内の不和やパートナーとの感情的なもつれもストレスとなります。性的な鞭や未熟を指摘されても心に傷を負いますし、早漏や過去の性交での失敗体験もEDを引き起こしやすい要因となります。自分のペニスに対するコンプレックスによってもEDになることがありますし、マスターベーションへの罪悪感もEDの要因となることがあります。

まとめ

EDに対する認識は若い人ほど薄く、深刻化するまで放置されがちという調査もあります。ED対策について、何をしたらいいのか分からないという若い人が非常に多いという専門家からの指摘もありますので、EDかもしれないと思ったら、専門のクリニックに受診しましょう。

関連記事

  1. ED(勃起不全)の治療薬の成分を比較してみた

  2. 20代でED(勃起不全)になる原因は?

  3. 偽物が出回っているってホント!?EDの治療薬

    偽物が出回っているってホント!?EDの治療薬

  4. 日本人でED(勃起不全)にかかっている患者の割合は?

  5. 妊活中に夫がED(勃起不全)に…どうしたらいい

  6. 知っているようで知らない勃起の仕組み

    知っているようで知らない勃起の仕組み

  7. 新婚でED(勃起不全)に!?セックスレスは離婚の危険に

  8. ED治療薬バイアグラとは?

    ED治療薬バイアグラとは?

  9. バイアグラを半分に割るという飲み方はあり?効果は?

PICK UP!

  1. 若者に多い緊張型EDとは!?
  2. 「夫がED!?」女性側ができること 「夫がED!?」女性側ができること
  3. 彼氏がED(勃起不全)になった時のセックスレス解消法

ED治療特集

  1. バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?
  2. 腎臓病がEDの原因に…!?
  3. バイアグラは他の薬と併用できるの?
  4. 20代でEDに悩むあなたへ!若年性EDの原因と改善策
  5. 実際どのくらいかかるの?EDの治療費
PAGE TOP