EDの対策・治療

衝撃!ED(勃起不全)治療薬の個人輸入やネット通販は40%が偽物!

オトコノスマ診 EDセルフチェック

「ED(勃起不全)治療薬の偽物に注意しましょう。」

このような警告を目にしたことはありませんか?
個人輸入やネット通販などで簡単に手に入れやすくなったED治療薬ですが、びっくりすることにインターネットで出回っている治療薬の中には「偽物(偽造品)」も多いようです。

ED治療薬を製造・販売する製薬会社4社の調査でネットで流通しているバイアグラ・レビトラ・シアリスのおよそ4割が偽物とわかりました。

 偽物ED治療薬4社合同調査結果 参照

この事実を知らずに、およそ9割の人が「自分がネットで購入したED治療薬は本物だ」と思っているそうです…

もし、あなたが 「ネットで購入した方が安いし、便利!」と言うのであれば、それはとっても危険な可能性があります!
なぜなら、日本では偽造ED治療薬を服用した男性が意識障害で病院に搬送されたり、海外では死亡したケースもあり、様々なトラブルが起こっていることも事実です。

そこで今回は、ネット購入をするときに危険を回避できるように、ED治療薬の個人輸入やネット通販の危険性を一緒に学んでいきましょう!

目次

1.そもそもED(勃起不全)治療薬の個人輸入は法律的に大丈夫なの?違法なの?

そもそもED治療薬の個人輸入は法律的に大丈夫なの?違法なの?

そもそも個人的にインターネットで薬を輸入するって法律的に違法なのでしょうか?
ED治療薬をネットで買うときに法律違反になるかどうかは誰もが気になるところですよね。

これからED治療薬をネットで買おうかどうか悩んでいる人のために、法律面も少しだけ触れておきましょう。

結果からお知らせすると、ED治療薬の個人輸入は、違法ではありません!

しかし、厚生労働省ホームページより『個人輸入代行業者を通して購入した医薬品は、あくまで個人の責任で使用することになり、例え何らかの健康被害が生じたとしても、購入先の業者まで責任を問うことはできない』と表記されています。

要約すると、何があっても自己責任ということです。

何があっても自己責任だなんて、恐ろしい!!!
インターネットで何も考えずに知らない業者から購入するということがどれだけ危険なことかがわかりますね。

また、日本で厚生労働省が認可するバイアグラなどの医薬品については、重大な健康被害等があった場合、治療費の給付を受けることが可能な、医薬品副作用被害救済制度がありますが、個人輸入業者を通して購入した場合には適用されません。
こうしたことは知っておいたほうが良いでしょう。

『医薬品等輸入報告書(薬監証明)の発給を要せず個人輸入可能な医薬品等の数量について』 厚生労働省ホームページ 参照

医薬品を営業のために輸入するには、薬事法の規定により、厚生労働大臣の許可が必要です。
一般の個人が自分で使用するために個人輸入する場合には、ルールとして、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、いくつかの医薬品には特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。

当然この場合、輸入者自身が個人的に使用することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められていません。
ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

チェックポイント

★通販で個人購入した医薬品はたとえ健康被害があったとしても自己責任

★ED治療薬の個人輸入は違法ではないが、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を他の人に転売することは認められない

★営業のための輸入には厚生労働省の許可が必要

スマホでネット診察 オトコノスマ診

2.ネット販売のどれくらいが偽物なの?偽造ED治療薬4社合同調査

「さぁ法律違反ではないし、試しに買ってみよう!」
「待てよ。ネットで購入すると偽物があるかもしれない…」と、考えたみなさん!
残念ながら…大正解です。(ぱちぱちぱち)←嬉しくないm(_ _)m

ネット流通しているED薬品には偽物が含まれている可能性があります。

*薬品会社が調査を行いました

*商品名「バイアグラ」を販売するファイザー株式会社、「レビトラ」を販売するバイエル薬品株式会社、「シアリス」を販売する日本新薬株式会社と日本イーライリリー株式会社の4社は厚労省と協力して定期的に個人輸入の偽造調査を行っています。
最新の調査は2016年3~8月、偽造医薬品の実態把握を目的に実施しました。(同様の調査は09年に続き2回目)

偽造ED治療薬4社合同調査

その調査の衝撃の結果!!
なんと40%が偽物!!

調査方法は、日本とタイの調査会社に依頼し、バイアグラ、レビトラ、シアリスを扱っている日本人向け個人輸入代行業者の計30のインターネットサイトから、1サイトごとに各ブランド1サンプル(合計90サンプル)を目標に購入(一部、発注しても届かないものもあったそう…)、各社で各ブランドの偽造鑑定と、含有成分の分析を行いました。

調査の結果詳細
調査購入した国 偽物の割合
日本(サンプル数 45件) 35.6%
タイ(サンプル数 25件) 48.0%

2つをを合わせると40.0%が偽造品だったことになります。

単純計算すると10回購入で4回偽物に当たる可能性があるってことです!
かなりの高確率!!!ナンテコッタ、パンナコッタ〜

今回は2009年より減少しているものの、【2009年の前回調査では、日本発注分(同94)の43.6%、タイ発注分(同90)の67.8%が偽造品で、合わせて55.4%が偽造品】依然多くの偽造品がネット上に流通している実態が明らかにありました。

偽造ED治療薬4社合同調査結果 参照

チェックポイント

★ネット上に流通している偽造品はおよそ40%

3.偽物の定義

それでは、偽物の薬とは一体どのようなものなのでしょうか?
偽物とはWHO(SSFC 偽造医 薬品)の定義によると 以下のような性質です。

1.表示された成分が含まれていない
2.表示成分以外の有効成分が含まれている
3.表示とは異なる起源の有効成分が含まれている
4.表示量と異なっている(不純物の混入を含む)

「知り合いから薦められて、個人輸入のWEBサイトからバイアグラを購入したものの、少し心配なので医院に持参して確かめてもらったところ、偽物だった。」ということも結構多いようです。

偽造品の中には、バイアグラが国内で認可されていない有効成分量100mgの錠剤、正規品では国内外問わず存在しない300mgの錠剤がありました。
レビトラでも本来存在しないカプセル錠や100mg錠剤、シアリスでも同様の50mg錠剤、100mg錠剤が見つかりました。

成分を詳しく調べると、有効成分量の超過、不足、複数の不純物が含まれているものが確認されました。

EDの偽造品っていうけど、はたして効果が無いだけなのでしょうか?
中には有効成分のシルデナフィルなどを一応配合してあるものの、配合量が少なかったり多かったりする「粗悪品」的な偽物もあります。
配合量が少ない場合は「効かない」で済みますが、多い場合は「死に至る危険性」があります。

また、偽造品の製造現場は不衛生で、そこでつくられた錠剤には不純物が混入し、品質管理も出来ていないのが現状です。
考えるだけでゾッとしますね…

チェックポイント

★偽造品の中には不純物が混入し、健康被害を引き起こす可能性がある

オトコノスマ診 EDセルフチェック

4.ED(勃起不全)薬品の偽造品被害報告事例

ED薬品偽造品被害の事例

偽造品は効果がないだけではなく、不純物の混入により死亡例を含む思わぬ健康被害を及ぼすことが報告されています。

シンガポール / 2008年2~5月

死亡事故が発生。
2008年5月の被害報告は、確認患者数40人、疑いのある患者87人うち4人死亡(そのうち2人が偽造ED治療薬による死亡)。
偽造ED治療薬や、その他の漢方薬(いわゆる精力剤)3種を服用した患者で低血糖による昏睡などの有害事象が発生しました。

日本国内 / 2011年

①偽造ED治療薬を服用した男性が意識障害で病院に搬送されたました。
さらに、呼吸困難で病院に搬送された後に死亡した男性の衣服から偽造ED治療薬が見つかった事例が報告されました。

②30代の男性が通販で、勃起不全のED薬を購入し服用したところ、数時間で痙攣、意識低下が起こり、医療機関に搬送された、というケースもあります。
脳の静脈に血栓があることが確認されましたが、その後は回復したそうです。

何が含まれているかわからない物質を服用することによって引き起こされた健康被害は、対処方法がわからないまま死につながる重大な事態を引き起す可能性もあります。
こうした深刻な事例は極めて稀のようですが、それでも悪質な業者には要注意が必要でしょう。

『リスクが潜む個人輸入』厚生労働省hホームページ 参照

チェックポイント

★ED治療薬を使用し健康被害、死亡事故に繋がった事例がある。

5 ED(勃起不全)治療薬の偽物の見分け方

ED治療薬を購入後、消費期限切れの食べ物の腐った臭いや味のように、『あれ?なにかがおかしい…』と、自分で見分けることが出来れば怖いもの無しなのですが、ED治療薬の偽物を見分けることはとても難しいです。

なぜなら、確認された偽造品の多くは見た目がそっくり!
明らかに見た目が違っていたら誰も買いません。
しかし、業者が摘発されない為に形・大きさ・色はもちろん本物そっくりに偽造されています。

ED(勃起不全)治療薬の正規品と偽造品の違いを見比べてみましょう

『ED治療薬3種類の正規品と偽造品の比較』ED治療薬製造・販売4社合同プレスリリースより

もし、このような偽物が手元に届いたら、どのように見えるのでしょうか。
きっと、多少形や大きさ、色が違うだけであれば、「海外からの輸入品だから、若干仕様が異なるのだろう…」そう考える人が多いはず!
はっきりと偽物とわかるようなものだけではなく、外見は本物と区別がつかないようなものも数多く出回っているです。

失敗しない為にまずは、信頼できる業者から購入することが大事でしょう。

チェックポイント

★見た目がほぼ一緒のため素人には偽造薬を判断でするのは難しい
★信頼できる業者や病院から購入する

6.どこで購入すればいいの?正しい選び方!

どこで購入すればいいの?正しい選び方!

ED治療薬に限らず、世の中には本物に限りなく似た偽物が多々溢れています。
騙されないために必要なのは、冷静な判断と正しい知識です。
何度も申し上げますが、信頼できる業者クリニックを見つけましょう。

正規ルートである医療機関で医師に処方してもらうのが確実ですが、クリニックならどこでも安心というわけではありません。
残念なことに、中には非正規品を処方する悪質なクリニックも存在しているからです。

悪質業者を見抜くために医療系の情報サイトで、実際の利用者の口コミを参考にしてみるのも1つの手です。
ホームページだけでは、その業者が悪質なのかを判断することはなかなかできないでしょう。
なので、実際に利用したことがある人の口コミを見る必要があります。
実際に利用した人の口コミほど信憑性の高いものはなかなかないです。
インターネット上で簡単に調べることができますので見てみてください。

発売当事には『夢の新薬』とまで言われ、全世界の男性たちにとって希望の光となったバイアグラ。世界中で愛用されているED治療薬、バイアグラについて詳しく紹介してゆきます。

バイアグラパーフェクトガイドブック│ED治療プロフェッショナルガイド

でも、病院に行くのが恥ずかしい…というあなたに朗報です!

ED(勃起不全)になったときに多くの人が抱く感情が「恥ずかしい」「誰にも言えない」ではないかと思います。
しかし、EDとは、加齢やストレスなど様々な原因が引き金になり、男性であれば誰もがいつでもなる可能性のある病気です。

EDは恥ずかしい病気でもなんでもなく、お医者さんで治療できます。
また最近では『病院に通わなくても治療できる』時代になりました!

『え…どういうこと? 病院に通わなくてもいいの?』って、動揺したあなたに是非、遠隔医療(ネット診察)を知っていただけたらと思います。

みなさん、遠隔医療(ネット診察)サービスはご存知でしょうか?

遠隔医療とは、めちゃくちゃ簡単に言うと『問診・診察・診断・投薬管理』が全て、スマホ上で完結できるサービスです。

スマートフォンやタブレットなどの通信機器の普及により、離島や僻地、場所に限らずインターネットを使って診療を受ける事ができれば病院に行く手間が省けますよね。

患者さんが日常的な治療や診察を受けるために病院に行くというエネルギーを減らし、通院にかかるガソリン代や電車賃を削減できる節約というメリットもあります。
さらに、お医者さんも今まで診断することができなかった遠方の患者さんの診療が行えるため、お医者さんの可動範囲も広がり医師不足解消の対策としても期待されています。

そんな遠隔医療(ネット診察)サービスの中にEDに最適な遠隔医療(ネット診察)サービスがあります。

最後にそちらの遠隔医療(ネット診察)サービスをご紹介させていただければと思います。

7.オトコのスマ診

オトコノスマ診は、患者さんのライフスタイルに合わせた、新しい「診療のカタチ」を提案するサービスです。

EDで悩んでる男性の中には、お仕事が終わる時間が遅くてなかなか病院に行くことができなかったり、住んでいる場所から病院が遠くてなかなか足を運べなかったり、病院の待ち時間が長くて時間がもったいないと感じたり…などなど、病院に通ってED(勃起不全)を治したいけど、なかなか治療をできずに後回しになってしまっている方も多いのではないでしょうか。

オトコノスマ診は、自宅や職場にいながら、信頼できる医師に遠隔(ネット診察)だけで診療〜薬の処方を受けることができるサービスですので、上記のような悩みを持っておられるみなさんが、いつでも、どこでも、治療をはじめていただけます。

さらに薬も自宅やご指定の場所に届くので、何度も病院へ通う必要がありません。
病院へ行くのが億劫な方、人目が気になる方、多忙な方、残業が多いサラリーマンの方でも安心してご利用頂くことが可能です。

※スマ診を用いた診療は、対面診療と組み合わせることでご利用いただくことができます。また診療内容や患者様の状態によって、初診・再診に関わらず対面診療が必要になる場合がございます。

勃起に関するお悩み事 オトコノスマ診で解決しませんか?

オトコノスマ診のサイトには、料金や申し込みの流れなど詳しい情報が載っていますので是非チェックしてみてください !
(現在、オトコノスマ診の公式サイトでは自分でED治療が必要かどうかチェックできる【EDセルフチェック】(無料)があります。)

また、オトコノスマ診の口コミ、利用者の声もありましたのでこちらも参考にしてみてください。

『オトコノスマ診』体験者様のインタビュー

8.ま と め

ED(勃起不全)治療薬の個人輸入やネット通販は40%が偽物!

以上、ED治療薬の個人輸入の危険性についてお話しさせていただきました。

いかがでしたでしょうか?
インターネットでの購入の全てが危険と言うわけではなく、正しい知識を持つことが(ネット購入のリスクや危険性を軽減させるので)大切だとご理解頂けたのではないでしょうか。

最後に、もう一度チェックポイントを確認しておきましょう。

チェックポイント

★通販で個人購入した医薬品はたとえ健康被害があったとしても自己責任
★ED治療薬の個人輸入は違法ではないが、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を他の人に転売することは認められない
★営業のための輸入には厚生労働省の許可が必要
★偽造品の中には不純物が混入し、健康被害を引き起こす可能性がある
★ED治療薬を使用し健康被害、死亡事故に繋がった事例がある
★見た目がほぼ一緒のため素人には偽造薬を判断でするのは難しい
★信頼できる業者や病院から購入する

もし、インターネットでの購入を考えている人は、これらのポイントを踏まえた上でご自身が信用できるサイトやクリニックをきちんとリサーチしてから購入してくださいね。

ED治療を扱っている病院までが遠かったり、残業などでなかなか通うことができない方は、先ほどご紹介した遠隔医療(ネット診察)ができるオトコノスマ診も是非ご利用してみてください。

皆さんにとって良い治療薬との出会いがありますように。
長文になりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 中高年に多い「器質性ED」とは

    中高年に多い「器質性ED」とは

  2. 効果あり!手軽にできるED改善マッサージ

    効果あり!手軽にできるED改善マッサージ

  3. 日本人でED(勃起不全)にかかっている患者の割合は?

  4. 知っているようで知らない勃起の仕組み

    知っているようで知らない勃起の仕組み

  5. バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?

    バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?

  6. ED(勃起不全)の治療薬の成分を比較してみた

  7. EDとは?抑えておくべきEDの知識

    EDとは?抑えておくべきEDの知識

  8. ED(勃起不全)の改善・対策に効くサプリは?

  9. シアリスはどのくらいの時間で持続するの?効果的な飲み方や正しい使用方法は?

PICK UP!

  1. 中高年に多い「器質性ED」とは 中高年に多い「器質性ED」とは
  2. レレビトラの成分や効果は?安全性や副作用についても知りたい
  3. うつ病はEDにも影響する!? うつ病はEDにも影響する!?

ED治療特集

  1. 薬を持つ医師
  2. バイアグラは他の薬と併用できるの?
  3. 高血圧とEDは関係がある?
  4. 生活習慣病患者はEDになりやすい!?
  5. 寝不足でEDに!?睡眠とEDの関係
  6. 効果あり!手軽にできるED改善マッサージ
  7. 腎臓病がEDの原因に…!?
PAGE TOP