EDの対策・治療

ED(勃起不全)はうつの症状?うつ病との関係は?

うつ病とED(勃起不全)両方に悩む人は多くいます。実は、うつ病とED(勃起不全は非常に密接な関係にあり、うつ病の症状としてED(勃起不全)を発症する場合があるのです。

しかも、両者はは悪循環とも言えるほど、互いに症状を悪化させていくような関係性を持っています。一体どんなことが起こっているのでしょうか?

心因性ED(勃起不全)の原因がうつ病だった!?

ご存知のように、性的な興奮を感じると、勃起が始まります。つまり、女性とセックスをしたいという意欲が勃起の引き金になるわけですが、うつ病はこの意欲が減退する病です。

様々なことに対する意欲が無くなり、憂鬱な気分に支配されるのがうつ病ですから、当然のごとくセックスに対する意欲である性欲も減退する訳です。

若い人で、生活習慣病など器質性のED(勃起不全)の原因が見つからないと心因性が疑われ、その場合全体の意欲低下が見られれば、うつ病を疑ってもいいのかもしれません。

つまりED(勃起不全)は、うつ病の症状の現れであるとも言えるのです。

 

男性ホルモンの低下はED(勃起不全)と共にうつ病を引き起こす!

勃起のメカニズムには、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが深く関係しています。このアンドロゲンは、勃起を司るだけでなく、筋肉を増強したり、闘争心などのやる気を高揚させる効果もあります。

したがって、アンドロゲンの分泌低下はED(勃起不全)も引き起こしますし、やる気を減退させてうつ病の症状も引き起こすことになります。

近年男性にも更年期障害があるとして、加齢によるアンドロゲンの低下が注目されていますが、この男性版更年期障害がうつ病の原因となることも知られており、さらにはうつ病がまたアンドロゲンの低下を引き起こすことも分かってきました。

この様に、アンドロゲンの低下とうつ病が、さらにED(勃起不全)の症状を悪化させていくのです。

 

うつ病治療薬がED(勃起不全)の原因?

うつ病の治療には、様々な薬が使われます。その治療薬の中には、ED(勃起不全)を誘発させるものがいくつかあります。

抗不安剤や睡眠薬などの中には、性機能を減退させる効果を持つものもあります。

さらに、最近良く使用されるSSRI(選択的セロトニン再取込阻害剤)には、射精を抑制する効果があることが分かってきました。

しかし、このような薬を服用している場合にもバイアグラなどのPDE5阻害薬が有効であることも分かってきましたので、うつ病の治療と共にED(勃起不全)の症状も医師に相談することをオススメします。

関連記事

  1. 糖尿病が原因でED(勃起不全)に?

  2. バイアグラのメリットとデメリットを知りたい

  3. 中折れの原因は加齢だけ!?本当の理由を徹底調査

  4. 朝立ちする?しない?ED(勃起不全)との関係は?

  5. 倦怠期な夫婦もカップルも必見!セックスレスについて

    倦怠期な夫婦もカップルも必見!セックスレスについて

  6. ED治療は恥ずかしいことなのか!?

    ED治療は恥ずかしいことなのか!?

  7. EDの主な3つの原因とタイプ

    EDの主な3つの原因とタイプ

  8. レレビトラの成分や効果は?安全性や副作用についても知りたい

  9. ED治療薬バイアグラとは?

    ED治療薬バイアグラとは?

PICK UP!

  1. レレビトラの成分や効果は?安全性や副作用についても知りたい
  2. 40代のED(勃起不全)の原因には大きな病気が隠れている!?
  3. ED(勃起不全)はうつの症状?うつ病との関係は?

ED治療特集

  1. 何科へ行けばいいの?EDの病院相談
  2. ED治療薬バイアグラとは?
  3. 患者の4〜9割がEDに!?糖尿病とEDの関係
PAGE TOP