EDの対策・治療

勃たないのは何歳から?EDと年齢の関係

年を取るとEDになるというイメージがあります。一方で、若くしてEDに悩んでいる人もいます。

一体、勃つ勃たないは年齢と関係があるのでしょうか?また、EDになる年齢があるとしたら何歳からなのでしょうか?

 

EDと年齢は関係ない!何歳でも「勃たない」ことはある

EDと年齢は関係ないという人もいます。確かに、20代でも勃たないと悩んでいる人もいる中で、60歳でもセックスを楽しんでいる人もいるからです。

しかし一方で、勃起を司る男性ホルモンの量は、年々低下していくことが分かっています。毎年1%~2%、男性ホルモンの分泌量が低下するといわれていて、20代の人に比べて、40代は2割から4割男性ホルモンが少ないということができます。

こうなると、年齢を経るにつれて勃起力が落ちていくのは当然の様に思われます。では、何歳になると「勃たない」という現象が起こるのでしょうか。

勃起不全には程度があり、全く勃たないという重度の場合だけでなく、勃起しにくい、勃起はするが中折れする、といった中等度の場合も含まれています。

60代になると、中等度以上のEDの人はおよそ5割と言われますが、完全に勃たないという重度となるとさらに少なくなるでしょう。逆に考えるとそれ以外の人たちはセックスが出来る、ということになります。

このように、年齢を重ねたお陰でEDになる人が増える一方で、何歳になってもセックスが楽しめる人も大勢います。

 

何歳になってもセックスを楽しむ!年齢に抗うED予防法

何歳になっても勃起する人と、年齢を重ねて勃たないという症状が出てしまう人にはどのような差があるのでしょうか。

両者を分けるのは、男性ホルモンの量と血管の柔軟性です。

年齢毎に減っていく男性ホルモンの量を維持するには、筋肉の量をアップさせることが重要です。筋肉が増えると男性ホルモンの分泌が増え、男性ホルモンはまた筋肉量をアップさせるという好循環が生まれます。

何歳になっても筋トレは欠かせないと言って良いでしょう。

そして、血管の柔軟性を維持するには、食事や運動によって生活習慣病を予防することが大事です。

高血圧症や糖尿病、動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病は血管の柔軟性を失わせる最大の原因です。高カロリーや高脂肪の食生活をあらため、定期的に適度な運動を欠かさないようにすれば、生活習慣病を予防し、血管の柔軟性を保つことができるのです。

この様な生活習慣を保つことが、何歳になってもセックスができる勃起力を保つ秘訣です。年齢を経たからと諦めないで、いますぐ始めましょう。

関連記事

  1. 中折型ED!?中折れの原因と解決方法!!

    中折型ED!?中折れの原因と解決方法!!

  2. バイアグラの成分と効果は?安全性や副作用も知りたい

  3. レビトラの適切な飲み方や使用方法は?効果の持続時間はどのくらい?

  4. その症状もED(勃起不全)です!意外な原因とは?

  5. うつ病はEDにも影響する!?

    うつ病はEDにも影響する!?

  6. ED(勃起不全)治療薬は妊娠に影響しない!?

  7. 新婚でED(勃起不全)に!?セックスレスは離婚の危険に

  8. ED(勃起不全)を改善する方法は?対策はある?

  9. 悩みすぎないで!セックスレスの解決策

    悩みすぎないで!セックスレスの解決策

PICK UP!

  1. 薬を持つ医師 レビトラのメリットとデメリットとは?
  2. 知っているようで知らない勃起の仕組み 知っているようで知らない勃起の仕組み
  3. ED(勃起不全)治療薬の安全性は?副作用は大丈夫?

ED治療特集

  1. 高血圧とEDは関係がある?
  2. ED治療薬にも副作用ってあるの?
  3. 腎臓病がEDの原因に…!?
PAGE TOP