EDの対策・治療

ED(勃起不全)にならない方法は?早めに予防の対策をしておきたい

ED(勃起不全)には、器質性EDと心因性EDの2つがあります。

心因性EDは、精神的なプレッシャーなどによって引き起こされるもので、主に生活や仕事からのストレスによって発生します。
器質性EDは精神的なものではなく、肉体的な要因によるものを指します。

2つは明確に分類できるものではなく、通常のED(勃起不全)は複合的に発生すると言われています。

器質性EDの予防

器質性EDは、主に身体の血管や神経が弱まることで発生します。身体が原因のEDとして代表的なものが、加齢による動脈硬化や運動不足などです。喫煙や暴飲暴食、不規則な生活によっても血管はダメージを受けますので、EDの原因となりやすいと言われています。毎日の生活における不摂生で血圧が高くなっていたり、糖尿病や肥満などがあったりすると、陰茎への血流が悪化してEDが発生しやすくなります。

食生活の見直しを

EDにならない対策方法としては、食生活を改善することが必要です。ED予防として効果のある食べ物は野菜や魚です。血液や血流に良いとされている食事は、基本的にED予防にも効果があると考えて良いでしょう。体内の代謝機能が高まれば血液がサラサラになるので、EDの対策に効果があります。具体的にはニンニクやネギ、ニラ、らっきょうなどがED予防に効果があります。肉との相性の良い食材です。積極的に毎日の食事に摂り入れていきましょう。魚は脂肪酸やカルシウム、亜鉛などが含まれており、効果が期待できます。

運動と睡眠

ED(勃起不全)は血行不良が原因のひとつですので、運動不足によって引き起こされることも多くあります。勃起力のアップに効果があるのは、下半身を鍛える運動です。勃起力に関わる筋肉は骨盤底筋群で、骨盤底筋群を鍛えるのに良い運動はスクワットです。スクワットは太腿の内側の内転筋を鍛えますが、内転筋は骨盤底筋群とつながっているので、同時に鍛えられます。

また、ED対策として重要なのは睡眠です。慢性的な睡眠不足といった睡眠障害は、EDのリスクを高めます。EDと睡眠との関係は非常に深く、アメリカの研究では、睡眠時間が1日2時間減った状態が1週間続くだけで、EDリスクが10%以上も上昇したという結果が出ています。性欲を高めるホルモンであるテストステロンは睡眠中に分泌されますので、睡眠不足は直接EDに関連すると言えます。睡眠の改善はED予防の方法としてかなり有効です。寝る前の半身浴やストレッチで睡眠の質は改善します。そして、就寝前にあまり食べすぎないことも大切です。

関連記事

  1. ED(勃起不全)治療、病院ではどんな方法で診察する?

  2. 「少しは勃つのだけれど…」「中折れ…」コレもEDなの?

    「少しは勃つのだけれど…」「中折れ…」コレもEDなの?

  3. 20代でED(勃起不全)になる原因は?

  4. ED治療は恥ずかしいことなのか!?

    ED治療は恥ずかしいことなのか!?

  5. ED(勃起不全)はうつの症状?うつ病との関係は?

  6. シアリスを処方してもらうと価格はいくら?

  7. うつ病はEDにも影響する!?

    うつ病はEDにも影響する!?

  8. 彼氏がED(勃起不全)になった時のセックスレス解消法

  9. 倦怠期な夫婦もカップルも必見!セックスレスについて

    倦怠期な夫婦もカップルも必見!セックスレスについて

PICK UP!

  1. ED(勃起不全)で病院に行くのが恥ずかしい…どうすべき?
  2. ED(勃起不全)はうつの症状?うつ病との関係は?
  3. ロードバイク乗りは注意!趣味の自転車がEDを引き起こす!? ロードバイク乗りは注意!趣味の自転車がEDを引き起こす!?

ED治療特集

  1. 寝不足でEDに!?睡眠とEDの関係
  2. バイアグラは他の薬と併用できるの?
  3. どうやって治せばいいの?EDの治療方法
  4. ED治療薬バイアグラとは?
  5. 腎臓病がEDの原因に…!?
  6. バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?
  7. 「少しは勃つのだけれど…」「中折れ…」コレもEDなの?
  8. 中高年に多い「器質性ED」とは
  9. EDは自然に治るのか!?EDと自然治癒
PAGE TOP