EDの対策・治療

ED(勃起不全)治療薬の安全性は?副作用は大丈夫?

ED(勃起不全)は男性にとっては深い悩みになる可能性があります。
子供が欲しいと思っていても、勃起不全で性交が不能になってしまったら、家庭生活の危機を招きかねません。

ED治療薬は、ペニスの機能としては問題ないが性交で中折れしてしまったり、挿入しようとすると萎えてしまったりなどのEDに効果を発揮する薬です。

安全性は確認されている

インターネットや雑誌などでは「ED治療薬は心臓に悪い」とか「飲んだら1日中ずっと立ちっぱなしになる」などの根拠のない噂を流す人がいますが、全く根拠はありません。ED治療薬は血流を良くしてペニスに血液を集めやすくする薬です。安全性については充分な検証がされているため、安心して使えます。心臓への負担は、たとえば硝酸剤などの薬を常用している人でなければ、ほとんど問題がありませんし、効果の持続時間はバイアグラでは4時間から5時間ほどで、1日中ずっと勃起し続けるということもありません。

ED治療薬の作用の仕方

ED治療薬は勃起をうながす薬ですが、正確にはPDE5阻害薬と言います。PDE5はペニスの海綿体に集まっている酵素のひとつで、ペニス周辺の筋肉を和らげる情報を伝達するサイクリックGMPを分解する作用があります。PDE5が活発化するとペニスに血液が集まりにくくなり、勃起に障害が起こります。バイアグラなどの薬は、PDE5を阻害して作用を抑制することによって、海綿体のサイクリックGMPの濃度を上げます。これによってペニス周辺の筋肉の血行がよくなるので勃起できるようになります。

代表的な副作用

ED治療薬は血行を良くしますが、これはペニス周辺の筋肉に対してだけでなく、全身に及びます。特に、頭部にある血管の流れを良くする傾向が強く、そのため血管が太く勢いを増すため、脳の神経に刺激を与えることがあります。これは症状としては頭痛として現れます。

また、血行が良くなるので顔にほてりを感じるという副作用もよく発生します。頭痛といっても、たとえばお酒を飲み過ぎたり、寝すぎたりしたときに感じる軽いレベルのものがほとんどです。ED治療薬を飲んで軽い頭痛を感じたときには、むしろ効果がしっかり現れていると考えましょう。

ただし、容量は守る必要があります。必要以上に服用すると、単なる頭痛では済まなくなります。血圧が変動して、動悸が激しくなることや、視界が青や黄色に見えてくることもあります。非常にまれですが、急激な血圧の低下が起こることもあります。医師と相談して正しい容量を守って服用しましょう。

関連記事

  1. 薬を持つ医師

    レビトラのメリットとデメリットとは?

  2. 実際どのくらいかかるの?EDの治療費

    実際どのくらいかかるの?EDの治療費

  3. 都市伝説?「インポテンツの原因はメンソールタバコ」の真相

  4. 夫がED(勃起不全)でセックスレスに…解消法はある?

  5. その症状もED(勃起不全)です!意外な原因とは?

  6. バイアグラを処方してもらうと価格はいくら?

  7. 寝不足でEDに!?睡眠とEDの関係

    寝不足でEDに!?睡眠とEDの関係

  8. 中折れの原因は加齢だけ!?本当の理由を徹底調査

  9. ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?

    ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?

PICK UP!

  1. バイアグラを半分に割るという飲み方はあり?効果は?
  2. 50代になると急激に増えるED(勃起不全)その複雑な原因とは?
  3. 朝立ちする?しない?ED(勃起不全)との関係は?

ED治療特集

  1. 食事やアルコールの影響がある??ED治療薬の服用
  2. 薬を持つ医師
  3. EDとは?抑えておくべきEDの知識
  4. 知っているようで知らない勃起の仕組み
  5. うつ病はEDにも影響する!?
  6. 生活習慣病患者はEDになりやすい!?
PAGE TOP