EDの対策・治療

ED(勃起不全)を改善する方法は?対策はある?

ED(勃起不全)は、複合的な理由によって発生すると言われています。

原因として考えられるものとして、精神的なストレスがあります。
ストレスなどの心理的な圧迫が勃起を抑制し、満足な性行為が行えないというものです。

パートナーと気持ちが合わないことや、子供を作らなければならないといったプレッシャー、仕事のストレスなどは充分にEDの原因となります。

勃起不全になる2つの理由

生活習慣によって血流が悪化しているために、陰茎への血流が満足でないことからEDになることも多くあります。勃起は陰茎に充分な血液が流入することで可能になります。栄養バランスの乱れによって血中の脂肪が増えれば、EDの原因になります。加齢によって血流が悪化しても、同様にEDになりやすくなります。

EDの原因はこのように大きく2つに大別できますが、実際にはこれらが複合した結果発生すると考えられています。そのため、ED対策やEDを改善する方法も1つではなく、多彩な原因と向き合って総合的に考えていく必要があります。

精神的な原因

ED(勃起不全)は、中高年だけでなく若年層でも多く見受けられることが報告されています。身体的には問題がなくても、いざ性行為に及ぼうとすると満足な勃起が得られないというものです。勃起不全は1回経験すると、「また同じことが起きるのでは」というプレッシャーを生みます。それがさらにEDを悪化させていくことが多いと言われています。

精神的なEDの原因は、現実心因と深層心因の2つに大別できます。現実心因は、日常生活で発生するストレスを主に指します。仕事上のストレスや人間関係での悩み、決定的なトラウマとなるような失恋、夫婦の不仲などが現実心因です。ペニスへのコンプレックスや性交への不安なども原因となります。深層心因は、無意識に潜む要因です。怒りや不安、子供の頃に受けたトラウマなどが挙げられます。幼少期から抱いているコンプレックスや同性愛傾向、女性への愛憎などです。

カウンセリングで改善

心因性のEDにも治療薬は有効です。性的刺激が得られれば勃起できるという人にとっては、勃起が持続するので納得のいく性交ができるようになります。バイアグラなどのED治療薬を服用すると、「自分は治療薬を飲んだから安心だ」と自信を持つことができるので、精神的なプレッシャーから解放されます。強い不安やトラウマ、罪悪感などがあってEDになってしまっているときには、カウンセリングや行動療法などが有効です。心理学的なアプローチから改善していきましょう。

 

関連記事

  1. 生活習慣病患者はEDになりやすい!?

    生活習慣病患者はEDになりやすい!?

  2. 中折型ED!?中折れの原因と解決方法!!

    中折型ED!?中折れの原因と解決方法!!

  3. 40代のED(勃起不全)の原因には大きな病気が隠れている!?

  4. 効果あり!手軽にできるED改善マッサージ

    効果あり!手軽にできるED改善マッサージ

  5. バイアグラの成分と効果は?安全性や副作用も知りたい

  6. 夫がED(勃起不全)でセックスレスに…解消法はある?

  7. 妊活中に夫がED(勃起不全)に…どうしたらいい

  8. ED(勃起不全)治療、病院ではどんな方法で診察する?

  9. 「少しは勃つのだけれど…」「中折れ…」コレもEDなの?

    「少しは勃つのだけれど…」「中折れ…」コレもEDなの?

PICK UP!

  1. 若者に多い緊張型EDとは!?
  2. 比較してみた!ED治療薬の効果・持続時間 比較してみた!ED治療薬の効果・持続時間
  3. バイアグラを半分に割るという飲み方はあり?効果は?

ED治療特集

  1. ED治療薬にも副作用ってあるの?
  2. 何科へ行けばいいの?EDの病院相談
  3. どうやって治せばいいの?EDの治療方法
  4. 食事やアルコールの影響がある??ED治療薬の服用
  5. 薬を持つ医師
PAGE TOP