EDの対策・治療

高血圧とEDは関係がある?

高血圧とEDは関係がある?

高血圧症は「血圧が正常範囲を超えている状態が継続する」疾患であり、年齢が上がるにつれて発生する割合が高くなる病気です。

今回はこの高血圧とEDの関係について見ていきます。

高血圧とED

高血圧症とEDの関連性は海外で盛んに研究が行われています。高血圧症を患う人はEDも発症するのかという問いは研究ごとにかなり幅のある回答がされます。
ですが、高血圧とEDの因果関係は研究者の中では周知の事実となっているようです。

高血圧治療薬とED

高血圧症によく使用される薬として「利尿薬」や「カルシウム拮抗薬」、「β遮断薬」「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」「アンジオテンシン変換酵素阻害薬」があります。

しかし、これらの薬には注意が必要です。なんと、副作用でEDを引き起こす可能性があるのです。

数種類の薬と水

利尿薬・カルシウム拮抗薬

血圧は血管とその中を流れる血液の量で決まります。流れる血液の量が多い、または血管が細ければ血圧は高くなります。反対に少ない量の血液が流れる場合は低くなります。

「利尿薬」は流れる血液の量を減らす効果があり、「カルシウム拮抗薬」は血管を広げることで血圧の上昇を抑える降圧剤です。

利尿薬

「利尿薬」の効果は腎臓の働きに関連します。

まず、血液は水分を多く含み、栄養分や酸素、二酸化炭素、老廃物を運ぶ役割を担っています。次に、腎臓は主に血液中の老廃物と水分をろ過して尿として体外に排出するための臓器であり、その際に血液中から水分が取り除かれることで血液の量が減少、血圧が適正に保たれます。

これらの作用から、高血圧の治療のためには腎臓から体外へ水分の排泄を行う必要があります。そして「利尿薬」はそれを補助する効果があり、治療に役立ちます。

カルシウム拮抗薬

「カルシウム拮抗薬」は血管拡張作用のある薬です。血管を太く広げることで血圧の上昇を抑制し、高血圧の治療につながります。「カルシウム拮抗薬」は構造の特徴から大別して3つに分類されます。3つのうち、高血圧の治療に効果があるのは主にジヒドロピリジン系です。高血圧治療の第一選択薬とされ幅広く患者様に使用されています。

アンジオテンシン系降圧剤

「アンジオテンシン」とは生理活性物質であり、それに着目した降圧剤が「β遮断薬」「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」「アンジオテンシン変換酵素阻害薬」の3つです。

「アンジオテンシン」にはIからIVの4種類があります。腎臓から分泌される「レニン」と呼ばれる生理活性物質の作用により、まず「アンジオテンシンI」が作られます。その後「アンジオテンシン変換酵素(ACE:angiotensin converting enzyme)」の働きによって生成された物質は「アンジオテンシンII」に変換され、この「アンジオテンシンII」が受容体と結合することで血圧が上昇します。

ノートとトマト

アンジオテンシンを利用した血圧コントロールの方法は3つ考えられます。

1つ目は「アンジオテンシンI」の原因となる「レニン」の分泌を防ぐことです。
交感神経のアドレナリン受容体の一種「β1」を阻害することで、レニン放出が抑制されます。こうして「アンジオテンシンI(1)」の生成を抑えます。「β遮断薬」はこの方法を利用する薬剤です。

2つ目は「アンジオテンシンII」が受容体と結合することを防ぐ方法です。
受容体には「AT1受容体」と「AT2受容体」の2種類があることが知られています。ほとんどは「AT1受容体」と結合し血管を収縮することで血圧の上昇が起こります。ここまでくれば薬の名前で分かるように「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」は「AT1」との結合を阻害し、高血圧の原因を取り除きます。

3つ目は「アンジオテンシンII」を生成するACEの働きを妨害する方法です。
「アンジオテンシン変換酵素阻害薬」はこの効果による降圧剤です。酵素の英名から「ACE阻害薬」とも呼ばれます。

降圧剤の副作用

薬箱

高血圧の人は、動脈硬化が進んでいる可能性が高いのでEDを発症する可能性は高いです。

さらに高血圧の治療で降圧剤を服用している人は、動脈硬化と降圧剤の副作用という2つ要因でED症状が出ている可能性があります。

降圧剤とバイアグラなどのED治療薬の併用は可能です。まずは試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. バイアグラ等のED治療薬と精力剤はどう違うのか!?

    バイアグラ等のED治療薬と精力剤はどう違うのか!?

  2. ロードバイク乗りは注意!趣味の自転車がEDを引き起こす!?

    ロードバイク乗りは注意!趣味の自転車がEDを引き起こす!?

  3. EDネット診療「オトコノスマ診」利用者様インタビュー

    ED治療体験談:EDネット診療「オトコノスマ診」利用者様インタビュー

  4. 50代になると急激に増えるED(勃起不全)その複雑な原因とは?

  5. シアリスに含まれる成分と効果は?安全性や副作用も気になる

  6. 抱き合う男女

    インポテンツの原因から考えるその対策とは?

  7. ED(勃起不全)治療薬の安全性は?副作用は大丈夫?

  8. 実際どのくらいかかるの?EDの治療費

    実際どのくらいかかるの?EDの治療費

  9. 偽物が出回っているってホント!?EDの治療薬

    偽物が出回っているってホント!?EDの治療薬

PICK UP!

  1. ED(勃起不全)治療薬の安全性は?副作用は大丈夫?
  2. レビトラの適切な飲み方や使用方法は?効果の持続時間はどのくらい?
  3. バイアグラの成分と効果は?安全性や副作用も知りたい

ED治療特集

  1. バイアグラ続いて開発されたED治療薬『レビトラ』とは?
  2. ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?
  3. バイアグラは他の薬と併用できるの?
  4. しっかり行おう!ED予防!!
PAGE TOP