EDの対策・治療

30代のED(勃起不全)は早めに医師に相談して原因究明を!

高齢男性の悩みだと思われているED(勃起不全)ですから、30代から悩んでいるとなると特殊なケースだと思われてしまうかもしれません。

ところが、若い年代からED(勃起不全)だという人も多く、誰にも言えずに悩んでいるケースが増加しています。

果たして、その原因とは何なのでしょう?

30代のEDの原因

 

30代は、俗に働き盛りの年代と言われています。経験が蓄積されて体力も漲り、その為に精力も旺盛だと思われがちです。ところが、様々な面でストレスが蓄積されていく年代でもあります。

仕事では責任が重くなり、部下や上司との軋轢などにより人間関係の重圧もますます増え、さらには残業によってしっかり休息が取れなくなってきます。さらに、プライベートでも、家族サービスなどで休日が潰され、ご近所や親戚などとの関係に悩み、子育てや家事などで妻との関係が上手くいかないなど、様々なプレッシャーが増えるのが30代です。

これらのストレスがED(勃起不全)の大きな原因ともされています。ストレスが、脳からの性的興奮シグナルの伝達を阻害し、単なるインポテンツだけでなく、途中で元気がなくなる、最後まで達成できないなどの性行為の不全全般の原因となっている場合が多いのです。

20代の場合は、性行為に対するコンプレックスがED(勃起不全)の心的要因となる場合が多いですが、30代の場合でも、上記のようなストレスが要因となって引き起こされる心因的ED(勃起不全)も増えているのです。

30代のED(勃起不全)でも、早めに医師の診断を!

30代という若い年代では、「ED(勃起不全)は恥ずかしい」「他人に相談できない」と、一人で悩んでいる人が多いと思われます。しかし、恥ずかしがらずに専門医にすぐに相談することが何よりも大切です。

上記のような心因性のED(勃起不全)の場合は、ストレスの原因を軽減することが1番の治療法だと言えますが、それが難しい場合や心因が重大な場合は、医師から処方される精神安定剤の服用で治療できることもあります。

さらには、ED(勃起不全)が他の病気の前兆である場合もあります。若い世代のED(勃起不全)は、心因性や男性ホルモンに原因があるものばかりではなく、糖尿病や高血圧、動脈硬化など血管系の病気が原因になっていることもあります。

ED(勃起不全)から、そのような生活習慣病や命にかかわる病気が発覚するというケースもあるので、その原因をさぐるためにも早めの医師の診療をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

30代のEDはストレスが主な原因となっていたんですね。仕事の責任や家プライベートでの休息が取れないことからEDに繋がることが多いので、適度な息抜きやあまり深刻に考えすぎないなどストレスを溜めないよう心かけるようにしましょう。

またEDだということ自体もストレスになり得ます。ED自体を治すことでストレスが軽くなることもあるので、一人で悩まず医師に相談してみましょう。

関連記事

  1. ED(勃起不全)治療薬は妊娠に影響しない!?

  2. あなたのED(勃起不全)は高血圧の症状かもしれない?

  3. ED(勃起不全)の対策・改善に役立つ運動やトレーニングは?

  4. シアリスはどのくらいの時間で持続するの?効果的な飲み方や正しい使用方法は?

  5. どうやって治せばいいの?EDの治療方法

    肝心な時に勃たない…EDってどうやって治せばいいの?治療方法お教えします。

  6. その症状もED(勃起不全)です!意外な原因とは?

  7. 夫がED(勃起不全)でセックスレスに…解消法はある?

  8. ED(勃起不全)で病院に行くのが恥ずかしい…どうすべき?

  9. 心臓病とEDの関係

    心臓病とEDの関係

PICK UP!

  1. 子供が欲しいのに夫がED(勃起不全)に。どうしたらいい?
  2. 抱き合う男女 インポテンツの原因から考えるその対策とは?
  3. ED(勃起不全)治療、病院ではどんな方法で診察する?

ED治療特集

  1. 薬を持つ医師
  2. 高血圧とEDは関係がある?
  3. ED治療薬にも副作用ってあるの?
  4. 食事やアルコールの影響がある??ED治療薬の服用
  5. ストレスやトラウマが原因!?心因性EDとは?
  6. 日本で最も新しいED治療薬『シアリス』とは
  7. 知っているようで知らない勃起の仕組み
  8. 患者の4〜9割がEDに!?糖尿病とEDの関係
PAGE TOP