EDの対策・治療

ED(勃起不全)のジェネリック医薬品の違いは?安全性も気になる

ジェネリック医薬品とは、「後発医薬品」と呼ばれるものです。

新薬が開発されると、その成分や製造方法も公開されることになりますが、開発には膨大な予算と時間が費やされており、それを特許によって保護して製薬会社の資金回収を助けることになっています。この特許は一定の有効期間が設けられます。その間、製薬会社は新薬を独占的に製造・販売できます。特許が切れると、他の製薬会社でも製造や販売が可能になりますが、このとき販売されるものをジェネリック医薬品と呼んでいます。

ジェネリック医薬品とは?

新薬として販売された従来の薬と有効成分に違いはありませんので、効き目や品質、また安全性の面でも心配はありません。開発費用がかかっていないので、安い価格で提供されます。ジェネリック医薬品には、有効成分の種類や配合量、用法、効果で違いがあってはなければならないとされていますが、形や色などの部分では先発医薬品と違うことがあります。

ED治療薬のジェネリック

(勃起不全)の治療薬のジェネリック医薬品は、近年になってようやく登場しました。最も早く特許を取得したバイアグラの特許は、2014年に物質特許も用途特許も満了を迎えています。その後、バイアグラのジェネリック医薬品は多数製造され、日本でも販売されています。代表的なものが東和薬品のジェネリック医薬品です。純正のバイアグラは1錠で1500円程度ですが、ジェネリックは1000円程度ですので、純正品よりも70%程度の価格に設定されています。そのためED(勃起不全)の治療費は格段に安くなっています。

個人輸入では注意

バイアグラは世界的に有名なED治療薬です。特許が満了しているため、世界中で多数のジェネリック医薬品が製造されており、個人輸入で購入することが可能です。海外サイトの通販を利用できますが、純粋な意味での通販ではなく、あくまで個人が自己責任で輸入するのを代行するという形です。多くの販売サイトがあり、すべて日本語でやり取りが可能で価格も安いので、利用価値はあるでしょう。

ただし、こういったサイトで販売されているものには、偽造品が多いので注意しましょう。一部の調査によると、個人輸入で入手したバイアグラの7割が偽物であったという結果もあります。価格が安いからといって安易に利用しないようにしましょう。また、バイアグラ以外のED治療薬は特許が切れていません。そういった製品のジェネリック医薬品に手を出さないようにしましょう。

関連記事

  1. EDとは?抑えておくべきEDの知識

    EDとは?抑えておくべきEDの知識

  2. レビトラを処方してもらったときの価格はいくら?

  3. うつ病はEDにも影響する!?

    うつ病はEDにも影響する!?

  4. 30代のED(勃起不全)は早めに医師に相談して原因究明を!

  5. パートナーのED(勃起不全)は女性に原因がある?

  6. EDは自然に治るのか!?EDと自然治癒

    EDは自然に治るのか!?EDと自然治癒

  7. ED(勃起不全)の対策・改善に役立つ運動やトレーニングは?

  8. 20代でED(勃起不全)になる原因は?

  9. その症状もED(勃起不全)です!意外な原因とは?

PICK UP!

  1. 20代でEDに悩むあなたへ!若年性EDの原因と改善策 20代でEDに悩むあなたへ!若年性EDの原因と改善策
  2. ED(勃起不全)を食事で対策・改善したい
  3. 勃たないのは何歳から?EDと年齢の関係

ED治療特集

  1. 患者の4〜9割がEDに!?糖尿病とEDの関係
  2. 「少しは勃つのだけれど…」「中折れ…」コレもEDなの?
  3. ED治療薬にも副作用ってあるの?
  4. EDとは?抑えておくべきEDの知識
PAGE TOP